むかし、なんかのクイズ番組で言っていた・・・・。

 消防士さんは速い出動を可能にするために、

 その制服を

 着易いように服を丸めて(脱いだ直後のアコーディオン状態にして)

 置いてある

そんな話・・・・。

そのときは、フーン・・・と思っただけだったが、

今日その実物(こんもりと)を見てしまった。

 お お お !

 ちょっと~アンタ~、

  行儀悪いわネ!

   脱ぎっぱなしにするんじゃないわヨ!

 なんて、家庭だったら言われてしまいそうな、こんもりとした様態。

 しかし、このありさまが、

 すばやい(すなわち、すぐれた)仕事を可能にするのだ。

 優れた仕事をするために、この様態が推奨されているのだ。

 消防士の仕事世界はやはり、奥が深い・・・

   お行儀とか 常識とか 礼儀 みたいなことが

   仕事の効率にとって 邪魔になることもありますよね

   わたしはすべての会社が昼寝を義務化すればいいのに

   と思っていますが、それはともかく。

     シュー、テクテクテク・・・。

     列車がまもなく参ります・・・

     京浜東北線の上野駅。

     北に長いホームの後ろ側で

     わたしは

     ついつい

     下を見てみる

   

     JR東日本の制服が 

     白いシャツ 黒いスラックス 金色の襟元のジャケット

     が

     脱ぎ捨てたようなかたちで

     クシャっと置かれて

 

      やあやあ 発車だ! 急げ 急げ !

     なんて 

     車掌さんが かけこんで

     こないかしら・・・