毎週金曜日00:55(木曜深夜24:55)より、フジテレビ ノイタミナにてアニメ『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』が放送されています。

 

www.f-noitamina.com

 

以下、ネタバレ要素がありますので、バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年10月9日の放送は第1話「白い面会」でした。

 

 

イントロダクション

孤島の研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る
天才プログラマ・真賀田四季。
四季に一目会いたいと、研究所を訪れた
那古野大学准教授・犀川創平と学生・西之園萌絵は
そこである事件に遭遇する。
彼らが目にしたのは、
誰も出入りできないはずの四季の部屋から現れた、
ウエディングドレスを纏い両手両足を切断された死体だった―。
不可思議な密室殺人に犀川と萌絵が挑む。

 

公式WebサイトのINTRODUCTIONから一部抜粋しました。原作は森博嗣さんの小説です。2014年にテレビドラマ化もしていました。私は原作もドラマも見ていない、初見です。

 

 

1話「白い面会」

主人公が誰かというと、一人は西之園萌絵(にしのその・もえ、CV種﨑敦美)になるのでしょうか。国立那古野大学工学部建築学科の1年生、犀川(後述)のことが好きみたいでした。西之園さんの父は犀川の恩師で、那古野大学の元総長、叔父は愛知県警部長、叔母は県知事夫人というお嬢様設定です。美人さんということですが、アニメのビジュアルは……。

犀川創平(さいかわ・そうへい、CV加瀬康之)も主人公の一人と思われます。国立那古野大学建築学科の准教授。興味のないことにはとことん興味がない人、らしい。Tシャツの趣味が変でした。

真賀田四季(まがた・しき、CV木戸衣吹)も超重要人物っぽいです。「人類のうちで最も神に近い」と言われる天才プログラマで、ある事件以降、孤島の妃真加島(ひまか・じま)にある私立研究所で隔離された生活を送っているそうです。

あとは犀川のゼミ生で旅行の幹事を担当する浜中深志(はまなか・ふかし、CV村田太志)や、犀川の講座の助教である国枝桃子(くにえだ・ももこ、CV桑島法子)、スイカとあんこときな粉が嫌いな犀川にその嫌いなものを土産に持ってきた儀同世津子(ぎどう・せつこ、CV堀江由衣)といったところが登場していました。儀同は犀川の元恋人か何かかと思われます。

1話は、西之園が犀川の研究室に出向き、2人の○二っぽい会話が続いた後、西之園から犀川へ「真賀田四季博士と面談をした」という話がもたらされ、それを聞いた犀川の反応を見た西之園は真賀田研究所がある妃真加島に行こうと提案をしていました。それだけだったかと。

前述したように私は原作未読で、ジャンルがミステリであることすら知らないで観始めました。公式WebサイトのイントロダクションやCHARACTERページなどを見て、ミステリーらしいと分かりました。おそらく姫真加島で○人事件が起こるのでしょう。で、真賀田四季が犯人かそれに近い存在なのだろうなと感じさせます。まだまだ登場人物は足りていないでしょうから、現状ではこれ以上は何とも言いようがありません。CHARACTERページにはもっとたくさんの人の名前がありますね、私はネタバレになりそうだったので全てのキャラクター情報は見ていません。今回登場した人物のみ見ました。私の脳みそでは見たところで理解できそうもないですし。

 

 

気になったのは西之園と真賀田四季(真賀田姓の登場人物がもう一人いたのでフルネームにします)のモニター越しでの会話シーンで、西之園が真賀田四季に「両親を数したのは本当か」的な質問をぶつけていたところです。「お人形がやったのです。私それを見ていましたの」でしたっけ、真賀田四季はそう答えていました。当時も取り調べに同じように答えた結果心神喪失状態と判断されたんでしたっけ。意味の分からない供述と受け取られたみたいですけど、絶対に意味がある言葉なのですよね、これ。真賀田四季は真実しか語っていないのでしょう。西之園は最後に「あなたは誰ですか」と聞いたことも、大きなヒントになると思われるので、書き残しておきましょう。

静かな1話でした。観る人によってはえらい退屈に見えたでしょうし、○二感満載で痛いと感じた方もいたことでしょう。確かにそういった、若干の西尾維新感を感じられこそしましたが、初見の私にはなかなか興味のある内容で、2話も視聴しようと思わせるものでした。次回は姫真加島で事件が起こるのでしょうか。2話でもまだ起きないかもしれませんね。次回のヒントは「ウェディングドレス」だそうです。